Top > 幼児教室の意義

幼児教室の意義


ボーネルンド多くの幼児教室で使われている人気者入門編マイティマインド レギュラー

 

昨今、脳の発達が解明されてきたことから、幼児教育の重要性が叫ばれています。しかし、幼児教育に関しては、必ずしも賛成意見ばかりではありません。

幼児教育に対する反論として、「パターン化された受け身の学習が多く、子どもは自発性・創造性の領域の発達が抑圧され、受け身的になってしまう危険がある」「幼児教育には『もっと早く、もっと正確に』という基本原則があり、目に見える事柄のみを重視し、目に見えない『心が育つ』過程をおろそかにしている傾向がある」などがあります。

とはいうものの、他の子どもたちが幼児教室に通っていれば、うちの子も...と思うのも理解できます。その際は、幼児教室の本来の目的とは、「知育や能力アップだけではなく、子どもの個性や能力を上手に引き出すとともに、自立して生きていく力を育てる手助けをすること」ということを忘れないようにしましょう。決して子どもに押し付けたりしないように。あくまでも幼児教室は子どものためのものということをお忘れなく!

 

 東野圭吾  抜け毛対策  上海旅行 観光
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
幼児教育について(2009年9月12日)
幼稚園・保育園・認定こども園(2009年9月12日)
幼児教室とは(2009年9月12日)
幼児教室の意義(2009年9月12日)