Top > 幼稚園・保育園・認定こども園

幼稚園・保育園・認定こども園


小学校受験のための幼児教室 あすか会の合格講座★DVD3枚+問題集+学習の手引き★【送料無料】

 

小学校前の子どもが通う施設として、幼児教室以外に幼稚園や保育園があります。
幼稚園とは、文部科学省管轄の学校教育法に則り満3歳からの入園が許可されている教育施設で、国立、公立、私立があります。国立幼稚園の多くは人気が高く、特に首都圏の国立幼稚園の入園倍率は、驚くような数字になっています。また、有名私立幼稚園や有名大学附属の幼稚園も人気があります。

これら人気の幼稚園の入園試験にパスするために、幼児教室に通う子どもたちも結構いるようです。幼児のうちから受験競争に身をおかなければならないのは少しかわいそうな気もしますが、これも世相なのでしょう...。

一方、保育園は、厚生労働省管轄で、日々保護者の委託を受けて、子どもを預かり保育している児童福祉施設です。

幼稚園と保育園の違いは、幼稚園の保育内容の基準が学校教育法施行規則の一部で、基準を守らなければならない義務がありますが、保育園にはその義務がないこと。幼稚園は親の就業いかんに関わらず誰でも通わせることができ、保育時間は4時間(標準)であるのに対し、保育園は親の就業の関係で子どもを見ることができない場合のみ通わせることができ、保育時間は原則8時間です。

上記の違いだけで、似ているところの多い幼稚園と保育園を一元化したのが、認定こども園。2007年4月よりスタートしました。

認定こども園では、親の就労状況にかかわらず、就学前のすべての子どもを対象に、幼児教育と保育の両方を提供。幼稚園のような短時間利用にも、保育所のような長時間利用にも対応しています。基本的には、2歳児までは保育が主体。3歳児以上は全員に幼児教育を行い必要に応じて保育も提供しています。

なお、認定こども園の利用料は、従来のサービスにさまざまなサービスが加わることにより、高くなる場合が多いようです。

 

 ファイテン  仮面ライダー  専門学校
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
幼児教育について(2009年9月12日)
幼稚園・保育園・認定こども園(2009年9月12日)
幼児教室とは(2009年9月12日)
幼児教室の意義(2009年9月12日)